DDAIについて

インターネット広告ではユーザーの好みを推測し、より効果的なコンテンツを提供することが可能です。
その一例として、クッキーや広告識別子等を用いた技術を利用しユーザーのブラウザやアプリ上での行動に合わせて広告配信を行うことがあります。
これらの広告は行動ターゲティング広告(オーディエンスターゲティング広告)と呼ばれ、ユーザーの興味や関心に即した広告を出すことが可能です。

クッキー技術等で取得する情報は広告の閲覧履歴やサイトの訪問履歴等の情報であり、ブラウザやデバイスを識別しますが、個人を特定するものではありません。
また、これらの情報取得は各サービスにおいてユーザーの意思で停止(オプトアウト)することも可能です。
しかし現状では、この停止(オプトアウト)の作業を各企業の各サービスのページにアクセスし実行しなければならず、ユーザーにとって手間がかかるものとなっています。

DDAIはそのような状況を懸念してこれまで各企業、各サービスごとに設置していた情報取得に関する規則や、オプトアウトツールやオプトアウト手順を統合し、ユーザーが十分な情報をもとに簡単に選択が行えるよう本サイトを立ち上げました。

DDAIは行動ターゲティング広告(オーディエンスターゲティング広告)等で行われるユーザー情報の取得についてユーザーへの啓発活動に取り組み、ユーザーが十分な情報をもとに選択が可能となる環境づくりを目的としています。